日本人会新会長インタビュー
 浦井会長(Toshiba India Private Limited )‏

2015年8月17日
日本人会会長のインタビューを2015年7月17日に行いました。会長ご自身が感じるインドと日本との縁、どのような想いを持って
インドでお仕事をされているのか? 笑顔からも伝わる会長の人物像にせまります!

pic1
●会長プロフィール
浦井研二(1954年生まれ)
Toshiba India Private Limited
Managing Director
入社後、火力発電など発電事業に携わり、1996年に初めてインドへ出張。
その後、7-8回インドを訪れる。2009年8月より駐在でグルガオンに赴任し、火力発電のエンジニアリング会社を設立。海外赴任経験はオーストラリアのシドニーに2年10ヶ月ほど。
海外出張が多く訪れた海外は旅行も含めると50ヶ国以上。2010年4月より、Toshiba India Private Limitedの Managing Directorに就任。

———6年前からインドに駐在をなさっているとのことですが、インドはその間にどう変わりましたか?

かなりインドも変わってきたなと思います。日本から見るとハードシップが高いと言われていますけれども、近年日本食を食べられるところもずいぶん増えてきましたし、ハードシップの高さもある部分では変わってきたなと感じています。

———出張も含めるとかなり前からインドと関わってらっしゃいますが、インドはどんな国だと思いますか?

インドは多様性の国と言われている通り、風習や文化の地域差だけではなく、同じ地域に様々な生活レベルの人たちがいて、他の国とはちょっと違った三次元的な広さを持っている国だと思います。インドの人たちはそういう立体ピラミッドの中で生きていてバランスを保っているんですよね。生活レベルの差があまりない日本とは違って“生活レベルの多様さ”という、考えなければいけない軸がもうひとつあるので、そういう意味では難しくもあり、非常におもしろい国だと思います。他の国に比べると、かなりインパクトがある国の一つであると感じています。それに、インドの人たちは、日本に対して好印象で、真面目に親身になって議論に参加してくれる面があり、とても仕事がやりやすいです。


———難しくもあり、おもしろくもある、そのインドという国で働き生活をする中で、心がけてらっしゃることはありますか?

 私はどんな物事にしろ、あまり難しいとは考えたりはしないんですよね…(笑)日本と違う色々な難しさがあると思いますが、仕方がないものは仕方がないと割り切ることが必要だと思っています。
 インドで働くなかで、ルールや制度について変えて欲しいと伝えることは必要だと思いますが、インドの社会には長年培われたインドのルールがありますから、日本側の視点だけでみて判断してはいけないと思っています。


———デリー日本人会のあり方についてどう思われますか?

 インド駐在経験者から話を聞くと、インドを嫌いだと思ったり、嫌だと思ったところはあるけれど、日本帰国後振り返ってみると、とても良い経験だったとみなさんおっしゃる事が多いですね。そういう駐在期間を過ごしてもらうには、やはり怪我や病気、大きなトラブルがなく無事に暮らせるかどうかが大事です。そのためのバックアップをすることが日本人会の重要な役割だと思っています。
 みなさんが日本に帰ったときに、インドの良い面を他の日本人の方々に伝えられるようなサポートのあり方を考えていきたいと思います。インドにいても日本と同じように生活ができ、楽しめるようにお手伝いをするのも日本人会の役目だと考えています。
今インドで暮らしてらっしゃる日本人会のみなさんも、ぜひインドのいいところを見つけて、日本に帰っていただきたいと思います。

———とてもお忙しい毎日だと思いますが、ご趣味などありましたらお聞かせください。

 趣味は色々ありますが、特に読書、ゴルフ、競馬などが好きですね。余談ですけれど、インドの高速鉄道に関わっているんですが、昔、日本から寄贈されたハクチカラというダービー馬の子孫が「トウカイドウエクスプレス」と名付けられ、既にインドのレースを勝っていたんですよ。日本製の高速鉄道ができる前に日本のエクスプレスが走っていたんだなぁなんて思って(笑) こういうところにも日本とインドとの深い縁を感じますね。
 本を読むのもとても好きで、特に科学書なんかも読むのが好きです。歴史書ですと、その地域に行かないと想像しがたい面もでてくると思うんですが、科学書はどの国で書かれている本でも基準が同じ。その普遍的なところにとても魅力を感じます。
 おすすめは、パンジャーブ出身の両親を持つインド系イギリス人、サイモン・シン著の「ビッグバン宇宙論」という本。翻訳者の訳もとてもわかりやすくておもしろいです。興味のある方はぜひ読んでみてください。
 本と言えば、事務局にある図書室を眺めてみると、結構いい本が数多くあるんですよ。あの図書室はぜひみなさんに活用していただきたいですね。
【図書室の開室時間】
月曜日~土曜日 午前9時~午後5時まで。
※業務の都合により閉室する場合もありますので、ご利用の際は予め電話でご確認下さい。
(011-6472-4448)


———それでは最後に、これからインドに来る方へのメッセージをお願いします。

 これから来られる方は、ぜひデリー日本人会のホームページを見ていただき、事前情報を読んでいただきたいですね。事前知識を持って来るのと来ないのでは大きく違いますから。そのためにも日本人会も努力をして広報活動や情報の充実をさせる必要があると思っています。

pic1

浦井会長(中央)と秘書のMs.Renu(左)、及び加来主事
~取材後記~
インドのお話はもちろん、科学書、料理、競馬のお話まで沢山のお話を伺うことが出来ました。全てのエピソードを載せられないのは残念です。休日にはなんとご自身でお料理もなさるそうです!当日同席してくださった主事の加来さんはトンカツをごちそうになったとか。チキンカツじゃなくてトンカツが食べたい!っていうとき、ありますよね…おいしそうです!!(さくら会広報部)