2015年1月 総務主催ファームデー

2015年1月30日
2015年1月24日(土)、デリー近郊のファームハウスにて「さくら会ファームデー」を開催いたしました。

この地域は雨が少なく天気の心配はあまりないのですが、1月には珍しく雨が続き、心配されていた天候も当日は晴天とまではなりませんでしたが晴れ。

寒さも幾分穏やかでお天気もファームデーを応援してくれているようでした。

farmday1

人気はなんといっても象乗り体験!間近に見る象はさすがに大きい!!バナナやリンゴなど餌やり体験に大人も子供も大興奮。

綺麗にペイントされたゾウさんの瞳は、とても優しくみんなを楽しませてくれました。

farmday2

巨大バウンシーなどの遊具遊び、ヤギやヒツジなどとふれあい、芝生で芝すべり(これにはインド人もびっくり)に夢中になるなど、ゆっくり休憩するパパの姿も見受けられました。

ここデリーは、冬は大気汚染の為に空気が悪く、公園の整備もあまり整っていないなど、なかなか外遊びができる機会が少ない為、このような安全でのびのび遊べる場所は貴重です。

farmday3 farmday4
farmday5
子供達は思いっきり走り、はしゃぎまわってとても楽しそうでした。

親子を対象にしたイベントは初めての試みでしたが、今回のファームデーには大人、子供あわせて約230人の方の参加をいただきました。

美味しい日本食やスイーツなどの販売もあり、たくさんの方々にのんびりしたピクニック気分を味わって頂くことができました。



2015年1月 総務主催 サリー着付け講座

2015年1月30日
2015年1月21日(水)、アバロンコートヤードホテル日本人会室にて「サリー着付け講習会」を開催いたしました。

講師にメディアコーディネーターとしてご活躍されておられる、マルホトラ泰子さんをお迎えしてサリーの基礎知識、着付け方法などを教えていただきました。

申込みには定員数を上回る応募があり、皆さまのサリーへの関心の高さをうかがえました。

サリーの種類、地域ごとによるサリーの違いや特徴などを講義形式で教わり、これまでのサリーへの印象がガラリと変わりました。

その後、いくつもある着方の中から今回は3種類、基本スタイル、グジャラートスタイル、マーメイドスタイルをご教示いただきました。

どの着付けも素敵な着こなしで全部覚えて帰りたい!でも実際やってみると意外に難しい・・・。

sarry1 sarry2
先生のレクチャー通りに着てみるのですがうまくいかず、でも先生がちょっと手を加えると・・・ピシッときまる。さすがでした。

参加した方々は布の向きや折り方など四苦八苦しながらも楽しんでおられました。

sarry3 sarry4
最後は自分の好きなスタイルで着付けをして、みんなで記念撮影。

色鮮やかなサリー姿のマダムが勢ぞろい。

皆さんとてもお似合いでキリッと決まっていました。

sarry5 sarry6



さくら会主催 ランチパーティー2014

2014年11月30日
ディワリが終わりだんだん過ごしやすくなった11月2日日曜日、煌びやかなサリーやドレスに身を包んだ200名ほどのさくら会会員がニューデリーのインペリアルホテルに集結し開催されました。

122015

今年度のパーティーのテーマは、

‘インペリアルにて心華やぐひとときを 〜インド古典音楽の調べと共に〜

132015
 会場のインペリアルホテルは、1936年に開館したデ

リー随一の伝統と格式を誇るホテル。その中でも普段

なかなか入ることのできない由緒あるロイヤルボール

ルームにて開催しました。”美術館ホテル”と言われる

だけにホール内の至る所に絵画が飾られ、インドの喧騒

から離れて優雅な気分に浸ることができました。

キッズルームも併設し、小さなお子様をお持ちのお母様方にも心置きなく楽しい時間を過ごして頂きました。

ゲストは、八木大使ご夫妻、日本人会会長小林様、日本人会交流部部長小西様をお招きし、ご挨拶頂きました。
142015

その後は、新進気鋭の若手演奏家達によるインド古典音楽の調べをお愉しみ頂きました。

152015

メンバーの皆さんは全て20代で、今回の趣旨に合わせて特別に集まった4人で

す。親子代々演奏家の名門に生まれた方や幼くして才能を見出された方もおり、1

0歳前後でデビューして以来、インドの国内外で活躍なさっている方々です。それぞれ

、音色・リズム・趣が全く違い、聴き応えがありました。さらには、それぞれ

の楽器の紹介、そして演奏家の生い立ちや夢についても熱く語って頂きました。

そして最後は、なにか日本の曲を、とお願いしていたところ、彼らが選んで練習し

てきてくれた「島唄」が演奏されました。Bansriの尺八に似た音色が日本を彷彿さ

せ、最後には皆様から手拍子があがり、会場と演奏が一体となりました。

演奏者:
Mr. Rajat Prasanna / Bansri(横笛)

Mr. Suhail Yusuf Khan / Sarangi(弓で弾く弦楽器)

Mr. Soumitra Thakur / Sitar(細長いギターのようなもの)

Mr. Manohar Balatchandirane / Mridangam(太鼓)

162015

演奏後は日本人会交流部部長小西様のご発声で乾杯。ランチは、インド・コンチ

172015
ネンタル料理を中心としたビュッフェスタイルで隣接す

るバルコニーに主催部担当者達こだわりのメニューがず

らりと並び、庭園を眼下にお料理を堪能頂きました。
お食事の間、インペリアルホテルのバーバル・カニャリ

氏 / Front Office Managerよりお話を頂いたのですが、当ホ

テルは開館以来、さまざまな歴史的出来事の目撃者となっ

ており、歴史を感じられる絵画等の展示品は4,000点以上、

古文書や勲章も多くあるとのことでした。

チャリティーラッフル(抽選会)においては主催

部メンバーの息の合った司会で会場は盛り上がり、

爆笑の連続でした。ホテル宿泊券、ランチペア食事

券、アクセサリー等豪華商品計144点が並びました。

さらに小林会長が、Canonのカメラをサプライズで

特別賞としてご用意くださいました!

今回のラッフルチケットの売り上げ額は、

182015

Rs.113,000.-(約200,000円)になりました。収益は全てデリー日本人会ボランティアグループを通じて、インドの社会福祉施設やNGO等に寄付されます。協賛品をご提供下さった企業・グループの皆様に改めて深く御礼申し上げます。

192015
最後に今回キッズルームを運営して頂きましたボスマン氏、そして
さくら会文化部部長松浦さんがご挨拶し閉会致しました。

地区委員より選出された総合司会の水谷さん、ミニコンサートの司

会の沢井さん、通訳の鈴木さん、ラッフル司会の坂東さん、小笠原さ

んには特に会を盛り上げて頂きました。

後日、ご出席頂きました八木大使令夫人晶子様より、ご感想を頂戴いたしました。

「 先日は華やかなランチパーティーにお招き頂きましてありがとう

ございました。伝統あるインペリアル・ホテルで、素晴らしい伝統

音楽と美味しいお食事、そして心尽くしのプログラムを心ゆくまで

楽しませて頂きました。昨年の皆様のサリー姿に魅せられて、私も

初めてサリーを着ることができました。皆様の多大なるご尽力に対

し 、心より御礼申し上げます。」

202015

多くの方々のご支援とご協力により素晴らしいパーティーになりましたこと、さくら会地区委員一同、心よりお礼申し上げます。

記事:さくら会広報部

パーティー主催:さくら会文化部

※ 追加ご報告

今年度の収益金(ラッフルチケットの売上金)は、

2月6日NGO団体DCCW(Delhi Council for Child Welfare)に寄贈致しました。

DCCW(Delhi Council for Child Welfare)

印パ分離独立で大勢の両親を亡くした孤児たちを助ける為に1952年に設立されたNGO

です。現在この孤児院では常時100名程度の乳幼児が暮らし、

国内外へ養子縁組に出されています。現在は他にも保育所・職業訓練所・学校の補習

クラス・障がい児の支援プログラムなどを行っています。

現在のDCCWの建物は大変古い鉄骨無しのレンガ造りで安全性に問題が有る為、改築

が必要な状況で、建物全体の改築には多額の費用がかかるとの事です。

さくら会としてかかる状況を鑑み、今年度の収益金を、日本人会ボランティアグループを

通じて、改築費用の一部として寄贈いたしました。

DCCW0213