旅行シーズン到来!デリーから行けるオススメの旅行先

いよいよホリデーシーズンを迎えたインド。祝日の多いこの時期に、旅行を楽しみませんか?2015年8月にさくら会会員の皆さまに旅行についてのアンケートを実施しました。アンケート結果をもとに人気の観光地をご紹介します!「どこへ行こうかな?」という方、旅行先選びの参考にしてください。

~インド国内旅行編~
一般的にインド旅行のベストシーズンは、11月から3月頃と言われています。
広い国土と古い歴史を持つインドには、様々な魅力を持つ観光地が数多くあり、旅行の楽しみ方もバラエティに富んでいます。

人気の国内旅行先ベスト10
1位は、やはりアーグラー!世界遺産タージ・マハルのあるアーグラーに行ったことがあるという回答が圧倒的多数でした。「建築技術がすばらしい」「写真とは全く違う壮大さに感動」など、タージ・マハルの迫力についての感想が多くみられました。
アーグラーには、同じく世界遺産に登録されているアーグラー城もありますし、アーグラーからジャイプールへ直接向かう場合(もしくはその逆も)は、途中にあるファティプル・スィークリーとチャンドバオリ(階段井戸)へも寄って観光すると一石二鳥でお得感のある旅になりますよ〜!

2位はゴールデン・トライアングル3都市のひとつ、ジャイプール。デリーからのアクセスのよさや、コンパクトにまとまった観光スポット、美しい宮殿ホテルなど旅行しやすい都市の1つですね。ブロックプリントのファブリック、ブルーポッタリーにジュエリーにとお買い物にも魅力的な場所です。
アンベール城を訪れたら、象のタクシーに乗って王様気分でお城までのぼってください!帰りに大人も子供もワイワイ楽しめるブロックプリント体験ができるアノーキーミュージアムへ寄るのもおすすめです!(スタッフがいないこともあるので、事前に体験の可否を確認すると確実です)

3位はアジャンター、エローラの遺跡。「ダイナミックな遺跡を見ながら、トレッキングが出来るところが良かった」との声がありました。「遺跡群を巡り歩く距離が長いので、夫婦2人の方が行動しやすい」という意見も。
実はこの二つの遺跡へ行くための拠点となる街アウランガバードにはタージ・マハルのミニチュアと言われるビービー・カ・マクバラーや高台にあり景色の良いアウランガバード窟院群など他にも見所があるので時間が許せば回ってみては?

4位のヒンドゥー教の聖地のひとつ、バナーラスは「自分の価値観とは違う世界を目の前で見ることが出来たから」というインドらしいコメントも…。インドへ来たからには一度は行ってみたいところですよね〜。

5位のケーララは気候風土が良く治安もいい、食事も日本人の口に合いやすい南インドの料理が好評でした。「ケーララは温厚な人が多く、子どもにも優しい」という意見がみられました。ハウスボートを貸し切って、水郷地帯をゆったりと進むバックウォータークルーズでまったりするもよし、コヴァーラムビーチやバルカラビーチでのんびりするもよし、インド亜大陸の最南端でありヒンドゥー教の南の聖地と言われるコモリン岬で朝日や夕日を眺めるもよし、アーユルヴェーダ発祥の地でマッサージ三昧に過ごすもよし。楽しみ方はあなた次第!?

6位は聖河ガンガーほとりのリシュケーシュやハリドワール。リシュケーシュはヨガの聖地としても知られ、気軽にヨガ体験が出来ますし、ビートルズが滞在したアシュラム跡があることでも知られます。「ハルドワールのガンガーのガートで夕暮れ時に行われるプージャー(神への礼拝)は必見!
インド人の信仰の深さに圧倒されます。」との回答も。バナーラスとはまた違ったガンガーを見ることができそうですね。

7位のダージリンはインドを代表する紅茶の産地で、トイトレインやボリウッド映画の「バルフィー」のロケ地としても有名です。季節によってはインド側からヒマラヤの雄大な姿を見ることが出来ます。茶摘みの時期には茶園で茶摘み体験をすることも可能だとか。
同じく7位のゴアは旧ポルトガル植民地で、植民地時代の面影が色濃く残っている地域です。
西欧風な雰囲気で人気があります。「高級リゾートホテルの海辺やプールサイドでゆったり過ごせてインド国内旅行だけど十分リフレッシュ出来た」との意見あり。

9位のレー、ラダックは高地にあるため、高山病予防の薬を事前に用意したり、到着当日は動き回らない等の高山病対策が必要ですが、デリーから約1時間とちょっとのフライトでインドとは思えない美しい景色を楽しむことが出来ると評判です。チベット仏教文化も垣間見ることができますし、ボリウッド映画「3 idiots」のラストシーンにも使われた中国との国境にある湖、パンゴンツォは、レーから片道車で5時間程かかりますがとても美しく、インド駐在中に行っておいて損はありません!「ホワイトシティ」とも呼ばれるウダイプルは美しい町並みはもちろん、なんと言っても世界のセレブも訪れるという湖上に浮かぶ宮殿ホテル、タージレイクパレスが有名です!宿泊費は張りますが、行く価値はあり!という感想がありました。白亜の宮殿でロマンチックに過ごす休日、お姫様気分に浸ることが出来そうですね。

   都市名  滞在日数目安  ベストシーズン
 1位  アーグラー  1泊2日(日帰り可)  10月~3月
 2位  ジャイプール  1泊2日(日帰り可)  10月~3月
 3位  アジャンター、エローラ  2泊3日  10月~3月
 4位  バナーラス(ヴァーラーナスィー)  1泊以上  10月~3月
 5位  ケーララ  2泊以上  11月~1月
 6位  リシュケーシュ、ハリドワール  1泊以上  9月~3月
 7位  ダージリン  2泊以上  10月~4月
 7位  ゴア  2泊以上  10月~5月
 9位  レー、ラダック  3泊以上  4月中旬~9月
 9位  ウダイプル  1泊2日  10月~3月

※北インドの旅行ベストシーズンは10月~3月ですが、12月~2月は冷え込む事も多いので、事前に天候を確認して旅行することをおすすめします。

〜インド上級者のあなたには〜
もう有名どころは行き尽くした、もっとレアなところへ行ってみたい!という方へ、ランキング外の中からいくつかご紹介します。
世界遺産のハンピはアクセスが悪いのがネックですが、荒涼とした巨岩群の中に溶け込むヒンドゥー寺院等の遺跡は不思議な魅力があります。遺跡自体が26km2と広大なので、2日はかけて見て回った方がいいでしょう。また観光地化がそれほど進んでいないため、途中トイレ等困ることもありますが、それすら楽しめそうな方は是非!ベンガル湾に浮かぶアンダマン諸島、その中でも有名なハヴロック島はデリーからだと移動にかなり時間がかかりますが、その分きれいな海・空気は満喫出来ます。またロス島では樹木に覆われた植民地都市跡や日本軍のバンカー(掩蔽壕)を見ることができます。もちろん海に囲まれていますから、シーフード料理を堪能出来るのも嬉しいですね!

~ちょっとした気分転換に!~
何日もお休みは取れないというときに、気分転換になる日帰り旅行や1泊旅行で人気だったのは、ニムラナや、自然や動物とふれ合えるSohna Westinホテルや近場の5スターホテルでした。その他、1泊で行くことができる観光地としてはアムリトサル、チャンディーガル、サーンチ、カジュラホーなどがあります。
~インド国外旅行編~
インド生活に疲れてしまった時や、喧噪を離れてリゾートで過ごしたい方には思い切って国外旅行でリフレッシュするのもいいですね!美味しいものを食べ、きれいな空気を吸えばそれだけで疲れが和らぎ、鋭気が養えます。

人気の国外旅行先ベスト10
買い出しも出来るタイ(バンコク)とシンガポールが1位・2位でした。インドから近場の楽園モルディブ、タイのビーチなどのリゾートが続き、買い出しが出来る国(ドバイやマレーシア)やリゾート地が上位を占めました。モルディブでは水上コテージには12歳以下の子どもはが泊まれないということもありますが、ベビーシッターサービスがあるホテルもあり、夫婦でも子連れでも楽しめます。

5位のスリランカはデリーから直行便で3時間程と近いこと、多数の世界遺産や自然アクティビティ(サーフィン、ホエールウォッチング、サファリなど)を満喫できること、紅茶やスパイス、陶器(ノリタケアウトレット)等のお買い物も楽しめること、本格的アーユルヴェーダマッサージを比較的安価に受けられることで人気です。

7位マレーシアではランカウイ島やレダン島等でリゾートを味わった後、クアラルンプールで都会を楽しみ(日本食レストランもあり)、買い出し(イオン、伊勢丹あり)もして帰るという一つの旅行で3度美味しい?なんて旅程も良さそうです。

8位9位には日本からはなかなか行けないヨーロッパがランクイン。ランキング外にはイギリス、ドイツなども。歴史のある国々のため見所満載ですし、ハムやチーズ、ワイン等が普通の街のスーパーでインドでは考えられない値段で高品質のものが購入出来る国もあるとか。
また、圏外でしたがスペインへサッカー観戦に行ったという通な方も。観光以外の目的も旅の楽しみが広がっていいですね。
10位のトルコは直行便がある・物価が安い・親日・見所満載・食事も美味しいといいところ尽くめのようです。治安が安定したら是非行ってみたいですね。また、イスタンブールから空路移動になりますが、トルコ中央アナトリア高原にある世界遺産カッパドキア岩石遺跡群も必見です。

ランキング外でしたが、直行便があるモーリシャスはサファリ(Walk with lionは年齢制限あり。しかし小さいお子さんも体験できるサファリツアーもある)ができたり、海遊びを楽しめたり家族旅行でも夫婦旅行でも楽しめそうです。

   都市名  滞在日数目安
 1位  タイ(バンコク)  2泊以上
 2位  シンガポール  2泊以上
 3位  モルディブ  3泊以上
 4位  ドバイ  1~2泊程度
 5位  スリランカ  3泊以上
 6位  タイ(バンコク以外のビーチ)  3泊以上
 7位  マレーシア  3泊以上
 8位  フランス  4泊以上
 9位  イタリア  4泊以上
 10位  トルコ  2泊以上
インド国内はもちろんのこと、インド国外の旅行の際は外務省の海外安全情報などもチェックしつつ、安全で楽しい旅を楽しんでください