「先輩マダムに聞く! デリー駐在温故知新」

2015年度のデリーライフは、従来の日本人会会長インタビューや日本人会イベントの様子の他に皆様のインド生活にお役に立てる記事をさくら会広報部企画として掲載していく予定です。その第1弾が「先輩マダムに聞く!!デリー駐在温故知新」。
インド生活の中で頼れる存在である先輩マダムたち。今回はインド在住通算18年(!)、3度のデリー駐在経験を持ち、現在もインドでご主人とビジネスを展開されている中島美千子さんに「デリー駐在今昔」「インド生活の心得」などをお聞きしました。
senpaimadam01
毎晩大きなやかん3つを煮出し飲料水を作っていた26年前のデリー
中島さんは1989年、当時商社の会社員だったご主人のデリー駐在のため渡印。5年間をデリーで過ごし、1998〜2001年に2回目の駐在を、2006年にはインドの自動車会社経営のため赴任したご主人とともに3回目の赴任をし、その後、現在までインドで生活なさっています。

25年以上前のインドは大変でした。携帯電話はもちろんなく、固定電話もつながりにくい時がありました。停電は毎日数時間続き、ろうそくでの生活を強いられた事もあったといいます。停電して暑さに耐えられなかった時は、しばしばホテルへ涼を求め避難していたとか…。ミネラルウォーターも当時なく、毎晩翌日の飲料用水を大きなやかん3つで煮出していたそうです。

そんな中においても、中島さんはご主人の仕事関係のお客様に、朝昼晩と心を砕いた日本の家庭料理でおもてなしされていました。当時は日本食レストランもなく、接待は自宅で行うのが主流でした。今以上に日本の食材が手に入らないにも関わらず、連日のお客様。社内のご夫人方の協力を得ながら、月に300名以上のお客様をお迎えされていたというから驚きです。
senpaimadam02

「自分は主人とインドに戦いに来ている」という覚悟と学び
現在よりも不便な環境でご苦労も多かったことと思います。「日本に帰りたいと思ったことはありませんでしたか?」という私たちの問いに対し、中島さんは「自分には主人とインドに戦いに来ているという覚悟があったから、そんなことは思ったことはありません」と笑顔で答えてくださいました。

デング熱で入院し、その後の体調不良で日本への帰国を余儀なくされたこと、1991年のラジーヴ・ラトナ・ガンディー氏暗殺事件による戒厳令で街中が閉鎖になった時のこと。そんな大変な状況のお話を伺っても中島さんからマイナスの言葉が出ることは一切ありません
「困難な状況も、苦しい場面も、どんなことも自分の学びにつながる」そう考え、何事も決してあきらめない。すべてを前向きにとらえ、自分のものにしていく。そんな確固とした信念が伝わってきます。
senpaimadam03
中島さんはインド駐在の前にメキシコ駐在も経験されており、その時の先輩マダムから駐在員の妻としての心得など多くの事を学ばれました。「自分の周りには将来自分もこんなふうになりたいと思えるマダムがたくさんいらっしゃいました。だから自分の経験も若い人たちに伝えていけたら」という思いから、会社の若い社員やその家族を大切にしたいと自宅に招いていたといいます。こういった思いやりのある計らいもご主人を支えていたに違いありません。

ご主人を支えるためにも、自分自身が健やかでなければなりません。駐在生活をどのように送るか?中島さんはいつも自分自身に目標を掲げ、それを達成するために努力を惜しみませんでした。メキシコ駐在中はスペイン語を。その後のインド駐在では、ゴルフやブリッジ、麻雀を(この3つは当時の駐在マダムに必須だったそうです)。ひとつテーマを決め、それに打ち込み楽しむことも、ご自身を健やかに保つ秘訣だったのかもしれません。
SenpaiMadam04
インド人との関係。使用人とは一線を引く。友情は大切に
インド駐在員の妻たちを悩ませるサーバントやドライバーとのつきあい方について、中島さんは「一線を引くことが大切」といいます。彼らの自尊心を大切にし仕事をよくやってくれればきちんと評価する。けれども彼らは決して友達ではない。マダムと使用人という関係性を崩さないことが彼らとうまくやっていくコツなのだそうです。
またインド人のお友達もたくさんいらっしゃる中島さん。インド人の友人が250人を集めたバースデイパーティを開いてくださったり、長年の友情が現在のビジネスの助けになったこともあったとか。インドでのご縁を大切にして来られた証です。

やっぱり聞きたい。ご主人との事

「喧嘩してもいい事なんてひとつもない」という理由からご主人との間で喧嘩も少ないという中島さん。どうしても直してほしいことが
ある時は朝の出勤の時や仕事で疲れて帰宅した時ではなく、ご主人の機嫌のいい時にさりげなく伝えると効果があるのだとか。
「皆さんもインド生活は大変かもしれないけれどインド人と仕事をし、かつ成果をださなくてはならないご主人たちはもっと大変なのよ」中
島さんに優しく微笑みながらそう言われ、広報部一同思わず頭を垂れる場面も。
senpaimadam05
中島さんが現在の駐在員の妻たちに伝えたいこと
「悪いことが起きるのはいいことの前触れ」「どんな経験も無駄にならない。必ずどこかで活かされる」-。中島さんから出てくるのは、インドでの生活だけではなく座右の銘として心に留めておきたくなるような言葉ばかり。そんな中島さんには今のインド駐在員の妻たちが少し歯がゆく映ることもあるのかもしれません。「インドでの生活はチャレンジする機会。日本を基準にいろいろなことをあきらめないで。色んな経験ができるチャンスを逃さず、インドと日本の違いを楽しんでほしい」取材をさせていただきながら気が付いたらこちらが中島さんから元気をもらっていました。
◆取材後記◆
最初は緊張気味だった取材班でしたが中島さんのお話に惹きこまれ、あっという間の2時間半でした。毎日朝から晩までお忙しいにも関わらず、とても生き生きとしてらっしゃる中島マダム。そんな中島マダムの若さと美しさの秘密は毎朝飲むジュースにあり!?ビーツ、ザクロ、りんご、オレンジ、トマト、にんじん、スイカで作るジュースを欠かさないのだそうです!! ぜひ試してみてください!